横浜市都筑区センター北徒歩3分の税理士が無料の相談会を開催しています。税理士をお探しの方は無料相談会をご利用ください。

ホーム

税理士をお探しのあなたへ

以前勤務していた税理士事務所でのこと・・・

その税理士事務所では毎月クライアントの会社から伝票が送られてきていました。 伝票をパソコンに入力して試算表を作ります。
出来上がった試算表をクライアントの会社へ送ります。所長の税理士先生からは何の説明も提案もありません。
決算月になっても提案や対策はありません。申告期限をむかえ決算書が出来上がりました。

 

大赤字でした。

 

所長の税理士先生は納税額がないので、気楽なものでした。その時わたしは思いました。

「大企業は黒字決算で税金をたくさん払い、内部留保を充実させているのに、もともと資金調達能力が弱い中小企業が平気で赤字決算を組んでどうするのか。」

その後その会社はどうなっていくのでしょうか?赤字決算なわけですから、対外的信用に不安を抱えることになります。しかも次の決算までもの間です。

中小同族会社にとって決算書が必要な対外的信用とは何でしょうか。そうです、銀行ですね。もはや税金対策だけの決算では会社運営に大きな支障をきたす時代になっているのです。

 

このような経験はございませんか。

弊社ではお客様と税理士との連絡を密にとり、前もって対策を考えることを徹底厳守しています。

関与先の業種は、飲食店、コンサルタント、サービス業、建設業、製造業、ソフト開発、保険代理店、電気工事など多岐にわたります。共通することは、お客様のすべてが中小同族会社ということですね。

 

弊社の税務顧問の詳細をご覧になりたい方は、下記の【支援サービスの詳細ボタン】をクリックしてください。また事前に直接西田に相談してみたい方は【無料相談会のボタン】をクリックしてください。

 

無料相談会>>>

 

支援サービスの詳細>>>

 

 

最新記事

  • クライアント様の融資が決定しました。短期で6,000,000円。ピンポイントな運転資金が必要でしたので短期です …

    9営業日で決定

  • 夏休みをいただいておりましたが本日より通常営業として仕事を行っております。夏休み中にメールをいただいたクライア …

    仕事再開

  • 明日8/9よりお休みを頂戴いたします。ご不便ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

    夏季休業