会社概要

所長

税理士 西田 秀作 (にしだ しゅうさく)
1974(昭和49)年9月6日生
(同い年の有名人:松井秀喜)

 

 

方針

企業における財務的課題を明らかにし、解決するための助言を行います。

 

弱点

乗り物 (三半規管が奇跡的に弱く、自分で運転していても車酔いする。)

 

プロフィール

高校卒業後、京都の大学へ進学。大学ではサイクリング同好会に所属して日本全国を自転車ツーリングで駆け回る。唯一乗り物酔いしないものが自転車。思い出深いのは小樽で食べた漁師さんの朝ごはん。もうどこにあったのかすら記憶がないのが残念。

在学中に会計学のゼミに入る。これが現在の仕事に就くきっかけとなった。

大学卒業後に税務会計の道へ進む。関西の税理士事務所で勤務。そこで数多くの税務調査や起業に携わった経験が今に生きる。

元国税専門官が主宰する税理士事務所で経験を積み、税務調査の対策は万全である。

節税にも積極的に取り組んでおり、市販の書籍にはかかれていない本当の節税対策による実績は多数。現場での経験をこと細かくメモをとる習慣があり、現在では膨大なノウハウとなっている。

税務の専門分野にとらわれず、予算経営、融資交渉にも積極的に取り組んでおり、顧問先への付加価値として提供している。

好きなもの、横浜DeNAベイスターズ(倉本寿彦選手)、ラグビー(田中史朗選手)、日本の歴史と城郭(姫路城)、U2、TM NETWORK、トムクルーズ、ケビンコスナー

 

所属

東京地方税理士会

 

業務内容

税理士事務所 (決算 確定申告 税務相談)

 

営業時間

平日 9:30から17:30

 

連絡先

メールフォームよりお問合せください。

telemail

〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-21-1 パルコ・プレチオーゾ302号

横浜市営地下鉄ブルーライン センター北駅より徒歩3分
横浜市営地下鉄グリーンライン センター北駅より徒歩3分

フラダンスのペイントが目印のビルです。

近くには横浜市歴史博物館があります。

 

地図

最寄り駅

横浜市営地下鉄ブルーライン、グリーンライン センター北駅(改札口1つ)より徒歩3分

センター北駅から弊所までの道順

①センター北駅、改札口を出ます。(改札口は1つです)

1
②改札を出で進み〝出口1〟右方向へ曲がるとエスカレーターがあります。

2
③エスカレーターを2つ下りきります。

3
④道なりに直進。(右手、高架下に〝ペットエコ横浜〟さん)

4
⑤つきあたり左に曲がります。
〝@park(駐車場)〟さんを左手、高架下を潜ると交差点に出ます。

5
⑥交差点の目の前にありますビル3階です。(目印はフラダンスの絵がビルに)
※信号機がありません。車・バイクにご注意下さい。

6

 

 

 

関与実績

小売業/家具、自動車、書籍、、文具、日用品、家電、医薬品、化粧品、コンビニ、酒、弁当、ゴルフ用品、インターネットショップ

卸売業/食品・飲料、計器・測定機器、陶磁器、箸・タオル、鞄

製造業/麺類、畳、紙加工品、樹脂、木材、食料品、金属加工、メーター製造

飲食店/喫茶店、居酒屋、食堂、すし店、そば店、割烹

サービス業/電気通信、ホテル・旅館、学習塾、人材派遣、測量事務所、果樹園、不動産賃貸、レジャー施設、旅行、理容、美容、機械修理、ソフトウェア、病院、歯科、ゴルフ練習場、貨物運送、インターネットプロバイダ、コミュニティ放送局、写真家、保険代理店、行政書士事務所、ペットショップ、広告代理店

建設業/土木、大工、電気工事、塗装、管工事、内装

事業協同組合/運輸、商店街、通信

その他/水産養殖、農業生産法人、NPO法人

<セミナー講師その他>
セミナーテーマ/「事業承継と節税」「人材育成塾」「行列のできる税金相談所」

その他/税務署記帳指導担当税理士、税務署税務相談員/地方自治体土地評価委員、商工会議所税務相談員

 

成功実績

●多くの還付金を手にすることができた
宿泊業を営むA社(年商売4千万円)は長年苦労して毎年々利益を出してきた。その結果内部留保が充実したこと、そして店舗が老朽化したこともあって、新店舗の建設に踏み切った。建設前に税理士事務所に相談があったために、税理士は消費税の還付を予測して前もって税務署に届出をしておいた。その結果、消費税の還付金約500万円を手にすることができた。還付金は宿泊してくださるお客様への更なるサービスへ投資された。

●多くの節税に成功した
内装業を営むB社(年商5千万円)は、9ヵ月経過時に決算予測を行った。その結果、今期は臨時的な仕事が入ったために、多くの利益が見込まれた。そこで節税効果が高い方法を事前に採用することにより、約28万円の節税に成功した。社長が一言、「この方法は決算月がすぎてからでは間に合いませんでしたね。」と。

●多くの節税に成功した
製造業を営むC社(年商2億円)は、更なる業績向上を目指して事業領域の拡大を図った。毎月の月次監査時にそのことを聞きつけた税理士事務所は「○○という節税方法がありますよ。」と提案した。その結果、規定等を整備し、80万円の節税に成功した。会社は節税できて、かつ社員も喜ぶ節税方法に社長は大満足であった。

●融資の実行がスムーズに行われた
学習塾を営むD社(年商5千万円)は、少子化の影響により業績の悪化が顕著であった。その状況を打開するために異業種への参入を決めた。新事業には設備投資が必要であったために、事業計画を作成して金融機関と融資の交渉を行った。その結果、希望額の融資が実行された。金融機関へ提出する事業計画書にはそれなりの工夫が必要である。

●すばやく融資の実行が行われた
機械修理、リース業を営むE社(年商3千万円)は、創業1年目の会社であった。資本金は300万円であり、創業後しばらくは借入の予定はなかった。しかし、急激な経済情勢の悪化に伴い、予想以上に資金繰りが苦しくなった。そこで急きょ日本政策金融公庫に創業融資を申し込むこととなったが、毎月々の経理処理が迅速にかつ正しく行われていたため、融資の申込みに必要な試算表の作成がすぐに完了し、ついで事業計画書の作成が完了した。これらの諸資料を日本政策金融公庫に提出すると、すばやく希望額通りの融資が実行された。

●税務調査が問題なく終わった
電気通信事業を営むF社(年商3億円)に税務署の立ち入り調査が実施されることとなった。経理担当者は税理士事務所の月次監査を毎月受け、その都度直すべき箇所は修正し、レジスターの設置など現場レベルでも税務署対策は万全でした。その結果、税務調査ではごくわずかな指摘事項しかなかった。税務署の職員は、自分の日当も稼げずに撤収していった。おそらく次回の税務調査までの期間は長いと予想される。

●税務調査が問題なく終了した
日用品の製造業を営むG社(年商2億円)に税務署の立ち入り調査が実施されることとなった。G社は創業30年の会社であり、手形や小切手といった取引も多かった。G社もF社同様に、税理士事務所の月次監査を毎月受け、その都度直すべき箇所は修正していた。また旅費規程も新たに整備しており、万全の体制であった。その結果、税務調査ではごくわずかな指摘事項しかなかった。税務署の職員は、自分の日当も稼げずに撤収していった。おそらく次回の税務調査までの期間は長いと予想される。

●消費税の交渉で成功した
ブライダル業を営むH社は創業1年目の会社であった。社長は創業当初より顧問税理士を雇い、普段から何かと相談していた。あるとき税理士から請求金額に消費税が上乗せされていないことを指摘された。社長は免税事業者の間は消費税を納めなくてもよいので、お客様からも消費税を預からなくていいものと勘違いしていた。その後、請求金額に消費税を加えていくことにし、約25万円を得することになった。(免税期間が2年間だったので、結果として合計で50万円も得したのであった。)

●200,000円の経費が削減できた
電気工事業を営むI社(年商1千5百万円)は、長年現場で活躍していた先代が引退し、2代目のご子息が経営を引き継ぐこととなった。税理士は以前からパソコン会計の導入を薦めていたが、代替わりを機にパソコン会計を導入することとなった。税理士が会社へ赴き、ソフトのインストールから初期設定、操作方法のアドバイスまで行い、導入は首尾よく完了した。またその結果、税理士事務所への依頼が、記帳代行から月次監査へ変更となったために約200,000円のコスト削減が実現された。

●勉強会の開催で成功した
建設業を営むJ社は、昨今の不況のあおりをうけており異業種への参入を検討していた。未知の分野への参入であったため不安も多くあったが、積極的にセミナー等へ参加して知識の習得に努力していた。それをみた税理士事務所は、参入する異業種の財務構造を研究し勉強会を開催した。既存事業との対比をもとに説明したこと、ゼミ形式で意見をぶつけながら進行したことが好評であったために、第2回が開催されることとなった。顧問先から非常に感謝された。

●専門家との連携で成功した
放送事業を営むK社(年商1千万円)は創業2年目の会社であった。事業内容の特性から労務管理が難しく、社長は頭を悩ませていた。労務問題で相談を受けた税理士事務所は、税理士業務の範囲外ではあるため回答に窮していた。しかし問題を解決するためには専門家に依頼する必要がある旨を社長に伝え、提携している社会保険労務士の先生を紹介した。その結果労務問題は解決して、社長は本業に専念できることとなった。社会保険労務士の先生は現在も顧問契約を継続されている。