2つの「扶養」(配偶者)

一つは税法の扶養、もう一つは社会保険の扶養。

税法は厳格でして婚姻してることが必要。

社会保険は事実婚でも扶養となる場合がある。

税法に携わる者としては社会保険の考えに驚くが特殊な事情がある人には事実婚でも社会保険サービスが受けられるのです。

実務的には住民票で確認するのかな。