テナント契約

キャッシュアウトしてもそのすべてが損金となるわけではない。その例としてテナント契約がある。これは借りる側の経理処理。

権利金は償却という方法で損金となる。仲介手数料も損金で問題なし。一方で保証金は資産計上のみ。

一つの取引を分解して経理処理しなければいけないから難しいのである。