節税対策は時間との勝負

節税対策は時間との勝負です。決算期を過ぎてからの節税対策は本当に限られています。反対に決算の着地点を見極めて早目に予測をつければそれに見合う節税対策ができるのです。

先月、クライアント様は素早い予測を立てて200万円の節税に成功しました。ギリギリセーフのタイミングだったので焦りましたがうまく成功しました。そもそも決算が赤字ならば節税対策の必要すらありません。

どんなに遅くても決算の2ヵ月前には着地点を見極める必要があります。それが経営者の仕事です。