60%

クライアントさんの集計をしたわけではないが、労働分配率は60%が限界です。

例外的にマンパワーが必要なサービス業では65%になっても黒字になる場合もある。

単純に人件費を削るのではなく、人件費に見合った収益構造を考える必要がある。

今月の事務所通信にも書きましたのでお見逃しなく読んでください。